明るい借金生活ブログ

節約はしない――。消費しながら借金とうまく付き合っていく。そんな30代男の借金生活ブログ。

仮想通貨

仮想通貨デビューから1か月で感じたこと

投稿日:

GWの暴騰から仮想通貨を始めた方は多いと思いますが、
そんな中で感じたことなどをまとめておきます。
これから始める方の参考になれば幸いです。

geralt / Pixabay

取引所について

国内の代表的な取引所にいくつか口座開設し、実際に試してみました。
株取引であればメインの口座1本で取引を行うのもアリかと思いますが、
仮想通貨界隈では現状、取り扱っている通貨の種類が取引所によって異なり、
それぞれに特徴があるため、複数の取引所を併用するのがベターかと思います。

coincheck

使いやすさや取り扱い通貨の多さなど、まず1つめの取引所としておススメなのはこちら、coincheckです。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

なんといっても注目度の高い12通貨を扱っているのは大きな強み。
ビットコインに取って代わるのではという見方もあるイーサリアムも取り扱っています。
リップルやネム、イークラ、ライトコインなど、主要な通貨を取引できます。

また、TOP画面で通貨の価格を一覧できるのも非常に便利。

操作性もストレスがないですし、各通貨の出来高も十分にあるため、初心者の方にはおススメです。

以前はセキュリティに関する部分で不安が見られたのですが、
仮想通貨を取引&管理する上で必須ともいえる2段階認証を取り入れたこともあり、
そういった面での不安は解消されつつあるように思います。

Zaif

個人的に好きなのがZaif
操作性やセキュリティにストレスは感じませんし、
取り扱い通貨数もcoincheckに匹敵。
ココでしか扱っていないマイナーなトークン(Zaif,CICCなど)があるのも面白いです。
数日前に急騰したモナコインを購入するならココ。

注目しているのがマネパカードとの連携で、
カンタンな手続きが完了すればZaifで保有しているビットコインを決済に利用できるというもの。
独自の取り組みで他の取引所との差別化が図られていると感じます。
出来高も見る限り十分にあり、おススメできる取引所です。

bitbank

開設の模様を記事にしてご紹介すると言っておきながら、
まだ実現できておらずすみません(汗)。
というのも、使っている中で極端に出来高が少ない時期があったり、
正直上の2つの取引所に比べるとまだまだという印象です。
デザインは一番カッコいいんですけどね……

bitbank

取り扱い通貨はビットコイン、ライトコイン、リップルの3通貨。
一定の取引量を達成するとコインがもらえるキャンペーンなどを積極的に開催し、
顧客を取り込もうとする姿勢は評価できますが、
現状では取り扱い通貨、出来高ともに心許ないので、これからの展開に期待したい取引所です。

poloniex

世界で最も多くの仮想通貨を扱っている海外の取引所。
いろいろと調べる中で、より多くの通貨をポートフォリオに組み込みたいと思い、口座開設しました。
取り扱い通貨は数えるのがしんどいので割愛しますが(苦笑)、
日本の取引所にない多くの通貨が取引できます。

poloniex

口座開設自体も数分で完了しますし、
本人確認などがなくても1日2000ドルまでは出金が可能なので私の範囲では十分。

国内の取引所である程度感覚をつかみ、
さらに手を広げたいという方は口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

信用取引・FXについて

各取引所でレバレッジを利かせた信用取引が可能となっています。

が、個人的には距離を置きたい考えです。
あくまで現物保有で資産を増やしていきたい。
(というか私の場合、借金があるのですでに二階建てじゃんというツッコミは置いておいて)

数日前にイーサリアムのフラッシュクラッシュがGDAX取引所で発生し、
一瞬で約317ドルから10セントまで急落するというショッキングな事件がありました。

このようにボラティリティの高さは株や通貨の比ではありません。
各取引所では追証なしの信用取引が提供されていますので、
預けている資産以上のマイナスが発生することはありませんが、
「一瞬で死ねる」
事象が多く発生しやすいフィールドで、
あえてリスクを取りに行かなくてもよいのでは?
というのが今の返済マンの考えです。

購入タイミングについて

個人的な所見では、今後ますます仮想通貨界隈がにぎわってくると思います。
=需要増=価値の向上、ということで、
中長期的に投資していくつもりです。

先月poloniexでいくつかの通貨が上場廃止になったように、
通貨の淘汰も進むのでしょうが、全体的に見れば市場規模は拡大の流れかと。

ボラティリティの高さをどう考えていくかが肝ですが、
市場全体が拡大していくのであれば、有望な通貨が暴落した際に購入していくのが、
一番効率が良いかなと考えています。
「暴落」は「暴落」にあらず、押し目買いという感じでしょうか。

おわりに

不安定な市場なだけに、熱くなって大損する可能性も多分に含んでいますが、
可能な範囲で資金をこちらに回していきたい考えです。

私と同じタイミングで仮想通貨に興味を持った方は多いと思いますが、
資産がある日いきなりゼロになってもおかしくない
市場であることを頭に入れつつ、取引をすることをおススメします。
上手く時代の波に乗れれば最高ですね。

さあー、今日は宝塚記念だ

-仮想通貨
-, , , ,

Copyright© 明るい借金生活ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.