明るい借金生活ブログ

節約はしない――。消費しながら借金とうまく付き合っていく。そんな30代男の借金生活ブログ。

仮想通貨

myetherwalletで盗難に遭った話

投稿日:

いやー、参りました。
仮想通貨を触り始めて約1年ですが、初の盗難被害に遭ってしまいました。

注意喚起ということで記事に残しておきます。

ぼーっとしているとやられます

海外取引所でトークンを買おうとGMOコインでETHを購入し、一旦myethwalletに送金。
すると何やら違和感が……。

「含み損に耐え、ガチホしていたPAYがない……」
うわー、あかんやつやと思いながらEtherscanを見てみると、

はい、送金されています。
しかも1週間以上前。気づくのが遅すぎですね。

宛先は「Fake_Phishing1500」ってなんだよと。
相手先を見てみると、

上部には赤字で下記の記載がありました。

「Warning! There are reports that this address was used in a Phishing scam. Please exercise caution when interacting with this address.」

(訳)
警告!このアドレスはフィッシング詐欺で使用されたという報告があります。このアドレスとやりとりをする場合は注意してください

やっちまったなと。
このアドレスには総額3500ドル以上のトークンがあり、全て盗難したものと思われます。

私が盗まれた約95PAY(時価約80ドル)はかわいいもので、履歴を見ると255VEN(時価約670ドル)とか……7万は痛いですよね。
市場的に価値の付いているトークンのみが盗まれた模様で、盗まれたのはPAYのみ。
APISが200あったのですが、少額すぎたのかこちらは無事でした。

原因は……不明

考えられる原因としては、下記が考えられます。
・最近ハマっていた0eth系エアドロップのどれかに何らかのネタが仕込まれていた?
・エアドロップ案件の中でKYCを要求してきたものがあり、myethwalletと契約した記憶アリ(っていうかたぶんコレ。eos●●●)
・解錠時に秘密鍵を入れて解錠していたことから、ブラウザ経由で秘密鍵がバレた

確定的ではないので銘柄は半分伏せていますが、たぶん2番目のやつです。

ある日いきなり財布から自分のトークンがなくなっている。
全く想像もしていなかったことで、私の危機意識の低さが露呈した形です。

おそらくですがmyethwalletに不備はなく、これを利用したフィッシング詐欺に引っ掛かった形になると思います。

詐欺師にはもちろん怒りを感じますが、まあ勉強代と思って次に進むしかありません。
まだ相手方のアドレスにはそっくりそのままトークンが残っているのが確認できますが、取り返すのは不可能でしょう。
少額で済んだのが不幸中の幸いと考えます。

この記事を読まれた方はmetamaskを使う、ハードウォレットを導入するなど、高い危機意識で仮想通貨界隈に留まっていただければと思います。

はあ……悔しいので今月中にPAYを買おう……。

-仮想通貨
-, ,

Copyright© 明るい借金生活ブログ , 2018 AllRights Reserved.