明るい借金生活ブログ

節約はしない――。消費しながら借金とうまく付き合っていく。そんな30代男の借金生活ブログ。

未分類

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングを試してみた

投稿日:

日本で初となる、AIスコア・レンディングを開始したJ.Score(ジェイスコア)。
これまでとは異なる形の個人向け融資ということで注目を集めていましたが、
2017年9月25日からついにサービス開始となりました。

個人的にも気になっていたので、早速登録です。

J.Scoreの概要

これまでの消費者金融・クレジットカードによる貸し付けは、CICなどが提供する情報を基に各社が判断を行うという形で融資額が決められていました。
積み重ねてきた返済実績(いわゆるクレジットヒストリ―)や、収入などの情報が主になります。

J.Scoreが主な審査基準とするのは、顧客のライフスタイルや好みなどの個人情報。
100種類以上の様々な質問に顧客が答えた結果を総合的に判断し、今後の可能性と信頼性のデータをAIスコアに反映します。

これは一例ですが、
例えばギャンブルをする人と全くしない人でデータを取った場合、
踏み倒しの可能性が高いのは「ギャンブルをする人」ではないでしょうか。
上記の様な質問の答えを積み重ねることで、融資可能額と利率を算出していきます。

また、みずほ銀行とソフトバンクが共同で設立したJ.Scoreは、
みずほ銀行の口座やソフトバンクとの取引情報も連動させることで、より有利な条件で融資を受けられる可能性が高まります。
すでにこの2社のサービスを利用していれば、積極的に連動させたいところですね。

J.Score(ジェイスコア)の利用にあたっては、下記の条件を満たす必要があります。

・契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下
・日本国内に在住
・安定して継続的な収入がある(アルバイトでも可)

社会人だけではなく学生や外国人留学生も利用可能。
「留学したいが、資金がない」
「キャリアアップのために資格を取りたい」
といったニーズに応えたいという話から、20代~30代の若年層をメインターゲットとしているのではないかと考えられます。

登録&スコアアップ

J.Scoreはネットで完結するサービスなので、登録は24時間無料で可能。
下記の6つのカテゴリに分類された各質問に答えていくことで、スコアをアップさせることができます。

私はみずほ&ソフトバンクともに現在利用実績がないので、
「情報連携」のカテゴリは未回答ということになっています。

他の5カテゴリ、約100の質問に答えてみましたが、
所要時間は10数分といったところだったでしょうか。
選択式の簡単なものになっていました。

返済マンのスコアは……?

下記が回答の上算出された私のスコアになります。

スコアは600点を超えると、第一条件をクリア、申し込み可能となるようです。
実際の融資可能条件はコチラ。

利率が11.2%。
一般的な消費者金融よりかなり低いですね。
早速申し込みしたいところですが、私は毎月の報告にあるように天井張り付き状態ですのでNGです。

この利率の低さがJ.Score最大のメリットと言っても過言ではないでしょう。
J.Scoreは最大利率を12%に定めており、100万円以下の少額融資でこの利率はまず出ません。
さらに、みずほ銀行・ソフトバンクと連携させればそれぞれ0.1%ずつ利率が下がります。

最小利率は0.9%となっており、最大融資額の1000万円まで借りられればこの利率になりそうですが、
J.Scoreは総量規制の範囲内での貸し付けになります。
上記の条件で借りるには最低でも年間所得が3000万円必要。
あくまで総量規制の範囲内での少額融資がメインの商品と言えそうです。

まとめ

まだ始まったばかりのサービスですが、すでに「実際に借りることができた」というレポートを報告している方も散見されます。
やはり利用にあたっては手軽に借りられるということが重要になってくるかと思いますが、
J.Scoreはネットで完結しているサービス。(電話の問い合わせ窓口はアリ)
インターネットに抵抗がない方であれば問題なく使えるでしょう。

既存の消費者金融に取って代わる存在になるのか、個人的には今後も動きを追っていきたいサービス。
というか、条件が整えばすぐにでも借り換えたい(苦笑)。

スコアの算出だけであれば無料、かつ信用機関に問い合わせもないので、
興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

J.Score

-未分類
-, , ,

Copyright© 明るい借金生活ブログ , 2017 AllRights Reserved.