明るい借金生活ブログ

節約はしない――。消費しながら借金とうまく付き合っていく。そんな30代男の借金生活ブログ。

資産形成

老後資金に2000万円必要だそうなので……

投稿日:

少し前になりますが、金融庁が「人生100年時代」を見据えた報告書を発表し、その中で、老後のための資金として2000万円必要だという提言がなされました。
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書(日経)
一応、金融庁へのリンクも貼っておきます。
金融審議会 「市場ワーキング・グループ」報告書 の公表について

気になる点もいろいろあるが……

各方面で話題になり、メディアやTwitterを見ていると年金がどうのこうのーと怒りに任せた意見なんかも散見されますが、焦点はこの部分。

「夫が65歳以上、妻が60歳以上の世帯の場合、退職後に公的年金などだけでは毎月約5万円の赤字となり、これが30年続くと2000万円不足すると指摘」

私なんかは「へえー、まあそうなるよね」ってぐらいにしか思わなかったのですが(ヒィヒィ返済している割に年金は律儀に払っていますよ?)、そもそも前提とされている部分がどうなんだという部分もあり。気になっているのは下記の部分。

・そもそも65~94歳までの30年間生きられるのか?
・年金が満額もらえたところでそんなに変わらないのでは?
・個人事業主の私は2000万円どころじゃないのでは?

で、これをひとつひとつ見ていきたいなと。

そもそも65~94歳までの30年間生きられるのか?

言わずもがな、生きられるか生きられないかはその時になってみないとわかりません。ですが、個人的には90代になっている自分があまり想像できないんですよね。というのも親戚・縁者を見回してもだいたい80代で亡くなっている。
仕事上、上の世代と関わる機会がまああるのですが、仕事の面から見ても一線で働けるのはせいぜい65歳まで。一歩、二歩、三歩引いて75歳までじゃないかなあというのが正直な感覚です。
令和時代の日本がどうなるか分かりませんが、まず思ったのは定年後生きる期間が短ければまあその時間分だけお金も必要ないよね、と。
ただ、70代、80代でこの世を去るにしても下の世代に少しは金を残してやりたいとか、考えちゃいますよね。

年金が満額もらえたところでそんなに変わらないのでは?

厚生労働省が公開している「平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によれば、国民年金(老齢基礎年金)の平均支給額は、月額で「55,615円」とのこと。
40年満額納めればもう1万円ぐらい増えますが、実際には納めていない人がいるために平均額が下がっているんですね。
サラリーマンや公務員の方はこれに加え厚生年金があり、こちらの月額平均支給額は「147,051円」。
サラリーマンの夫と専業主婦の夫婦であればざっくり毎月20万円もらえる。で、ここから減っていくという話です。

勤め人であればこれに退職金があり、そのあたりも使いながら老後を過ごしていくことになります。
今60代以上の方たちはさておき、終身雇用が崩壊している今の日本で長年1つの会社に勤めるというモデルは少数派になってくるわけで、退職金はあまりあてにならない。

とすれば、定期収入としてあてにできるのは年金……なのですが、これがそもそも月20万程度なら、そもそもほかに金がないとまずいですよね。
律儀に納め続けたのにもらえるお金が減っていらだつ気持ちも分かりますが、20万が15万に減ったとして、苦しいのがもっと苦しくなるって感じではないでしょうか。

個人事業主の私は2000万円どころじゃないのでは?

ここで実際の私の話になるのですが、個人事業主なので厚生年金がありません。なので、国民年金を毎月16,410円払い続けて、65歳以降毎月約5万円支給される。妻も勤め人ではないので同じく約5万円。合わせて約10万円。
それだけです。
これに加え、小規模企業共済とか、iDeCoやるならiDeCoとかそういった蓄積したお金で老後を過ごすことになる。

年金を払い続けたとして毎月10万円……。
ということは、この金融庁の報告ベースで考えれば、
10万円×12ヶ月×30年分少ないってことで、2000万円+3600万円足りないってことなんですかね……。
書いていてちょっと不安になってきました。大丈夫か、俺。

それならそれで、年金を当てにしない資産運用がしたい。

それならまあ自分でお金つくりたいですよね。
この金融庁の提言もまあ「自分でやれよ」って話なので、結局背中を押されている感じになるのですが、年金を当てにせず今から自分でお金をつくっていかないと、にっちもさっちもいかなくなるのは目に見えています。
結果的にお金について考えるいい機会になったのかなと。

これまで「明るい借金生活ブログ」として続けてきましたが、そのうち「老後資産形成ブログ」に変えるかもしれません。
とりあえず、重い腰を上げて年金の免除申請に今月、行ってこようと思います。

-資産形成
-, ,

Copyright© 明るい借金生活ブログ , 2019 AllRights Reserved.