明るい借金生活ブログ

節約はしない――。消費しながら借金とうまく付き合っていく。そんな30代男の借金生活ブログ。

借金遍歴

返済マンの借金遍歴⑨ ~楽天カードをつくる~

更新日:

かつて学生時代に所持していた「PARCOカード」を利用停止になった経緯のある返済マン。
どうせ新しくカードはつくれないだろうと、しばらくクレジットカードを持つこと自体あきらめていたのですが、
最後の返済から1年以上経過していましたし、
ダメ元で申し込んでみたのが「楽天カード」です。

↑クリックすると公式サイトへ飛びます↑

今や「楽天カードマン」のCMやパンダのキャラクター(お買い物パンダという名前らしい)で広く認知されていますが、
私が申し込んだのはその前の話。
当時2chでは「職業:スナイパー」でも審査に通るとか、そんな話がまことしやかにささやかれ、
低属性が申し込むべきカードの一つとして挙げられていました。

なんとか審査通過を願ってネットから申し込み。
私の様にすでに消費者金融で借り入れがある場合、キャッシング枠を0円で希望するのが発行への近道と考えたことが功を奏してか、
ほどなくして無事に久しぶりのクレジットカードをGETすることができたときはうれしかったですね。
しかも初回から20万円の枠でした。

私の場合は楽天銀行の口座や、たまに利用する楽天競馬、そして送料無料のネット書店楽天ブックス、
このあたりと紐づくカードとして、現在でも利用頻度が高いです。
ポイントが結構貯まりますし、自宅最寄りのコンビニがサークルKサンクスなので、ちょっとしたものが楽天ポイントで買えちゃったりしています。

ただ、金銭感覚が甘い私はクレジットカードという武器を手にしたことにより、
またひとつ借金のルートをつくることになります。

それがリボ払い

カードの支払額を先送りできるありがたいサービスですが、
利用金額に応じて年利18%程度の金利がかかってくるので、
実質的には消費者金融で借り入れを行うのと同程度の利息を払うことになります。

ほどなくして、リボ天井状態になる返済マン。
ただ、楽天カードの場合キャンペーン経由で「あとからリボ払い」を選択すれば2~3000ポイントもらえるということを継続的に行っているので、これを利用すれば少しはお得かな……とか考えちゃっています(苦笑)。

クレジットカードを無事手に入れることができ、信用情報に若干の自信を得た私は、
さらに次なるクレジットカードを申し込むことになります。

~つづく~



-借金遍歴
-, ,

Copyright© 明るい借金生活ブログ , 2017 AllRights Reserved.